永久脱毛を恵比寿でする|人気の病院クリニック皮膚科情報

恵比寿で永久脱毛!値段と効果。コスパ一番クリニック皮膚科病院まとめ

ビキニライン脱毛恥ずかしい?

2017年08月15日 08時59分

ビキニラインというとVラインのことでしょうか。今回はVIOの脱毛について、説明していきたいと思います。 なんといっても、他人に気軽に見せる場所ではないですから、恥ずかしいという気持ちが一番のハードルだと思います。といっても、施術するスタッフは女性ですし、あちらのプロで慣れています。こちらも気軽に施術を受けて大丈夫です。また、施術中は紙ショーツをつけて行うサロンがほとんどですから、少し気持ちは楽なのではないでしょうか。 それでは、詳しく施術を受ける体勢を説明したいと思います。まず、Vラインです。Vラインとは、足の付根にあたるビキニラインのことで、今、ミュゼでは新規で契約すると、ワキとVラインの通い放題がついてくるようですので、身近なものだと思います。Vラインの施術体勢は、仰向けに寝そべり、施術しやすいように、ちょっとガニ股な感じで軽く足を開きます。紙のショーツをはいたまま、ビキニラインの部分をずらしながら照射していくので、性器が丸見えになることはありません。 次に、Iラインです。Iラインとは、性器周りの縦ラインのことです。ここは完全に脱毛しておくと、生理のときにとっても楽ですし、衛生的です。体勢はVラインと同様に仰向けに寝そべり、右の場合は右を、左の場合は左というように順番に片足ずつ膝を立てて、外側に倒しながら施術します。Vラインと同じく、紙のショーツをはいたままで、ずらしながら施術していきます。しかし、Vラインと違い、Iラインは性器がすぐそばですので、スタッフさんに見えてしまう場合があります。最初は抵抗感があるとは思いますが、長時間では無いですし、1回施術を受けると、恥ずかしさも抵抗感も無くなり慣れてしまいます。痛みも感じる箇所ですので、恥ずかしいとか言ってる場合ではないってこともあります。 最後にOラインです。Oラインとは、お尻の穴の周り、そして性器から肛門までのラインをいいます。Oラインの施術は、うつ伏せで行うサロンと、四つんばいで行うサロン、横向きで行うサロンと様々です。Oラインの施術はお尻の穴のヒダを、広げながら照射していくので、スタッフが2人の場合は、1人が広げて、もう1人が照射し、スタッフが1人の場合は、自分で広げるか、スタッフが広げながら照射するかとなっています。お尻の穴を完全に見られますし、もしかすると、これが一番恥ずかしいかもしれませんが、VIOはどの箇所も小さい部位なので、照射時間はアッと言う間です。がんばってください。

広尾で人気の医療クリニック病院皮膚科